ルミガンの効果と副作用の特徴

 

最近、美容情報誌の中でもたびたび取り上げられることも増えてるルミガン、海外の製薬会社が開発したまつ毛専用の育毛剤で、市販されているようなコスメとは違って医薬品なので、短期間でも確実に自まつ毛がボリュームアップさせられると、幅広い年代の女性たちに高く評価されているようです。まつ毛の長さや太さ、濃さなどに関心を寄せている女性はとても多く、特に我々日本女性は、まつ毛が短く細い、少ないというコンプレックスを抱えがちで、目が小さく見えると悩んでいる方も少なくありません。そこでこのルミガンを使って、本気のまつ育に取り組み始める女性も増えており、その高い育毛、発毛効果に驚きの声が寄せられています。しかしやはり、これほどの高い効果が出る反面、使い方を間違えてしまうと、副作用のトラブルも起こってしまうので、あくまでも医薬品を使っているという意識は忘れず、コスメのようにアバウトな使い方はしないように心がけましょう。ルミガンは、就寝前に一回、まつ毛の生え際に塗るという使い方をしますが、中には早く効果を出したいからと、生え際以外にもたっぷりと付けてしまう方がいます。液だれして皮膚についたまま放置していると、まれに赤みが出たり、かゆみが出たり、湿疹が現れたりすることがあるので、必ず少量を生え際にだけ付けるということを守りましょう。