ルミガンの副作用

ルミガンの安全性については、すでに臨床検査でも証明されているものです。ですがルミガンを利用することにより、何らかの副作用が出ることも考えられます。目元に使用する医薬品であり、とてもデリケートな皮膚の薄いところへ塗布します。副作用として、皮膚にかゆみを感じることも、稀におこることがあります。ほかにも副作用として、目の充血があらわれたり、目の乾きや、まぶたの皮膚の黒ずみ、ほかにも違和感を感じることもあります。

 

利用するときには毎晩の洗顔を終わったあとに、習慣的な正しい使用を心がけることです。1日だけで終わるのではなく、毎日習慣的に使うのがコツとなります。まつげへの変化があらわれるのは、少し時間がかかります。ですが、1回の使用量を増やしたからといって、効果が高くなるものではありません。もしも目もとに、かゆみや充血を感じたら、使用はストップすることです。その症状があなかなか治まらない時には、処方を受けた医療機関を受診しましょう。

 

ルミガンを使用する前には、必ずメイクや汚れをキレイに落としておく必要があります。メイクの上からの使用は、控えなければいけません。塗布に関しては専用のアプリケーターを使うか、清潔な綿棒などを利用して、使い回しはしないことです。