ルミガン目に入ってしまった際の対処法

 

まつ毛育毛剤ルミガンは通販や美容外科などで入手可能です。本来は緑内障や高眼圧症のための医薬品であり、まつ毛育毛のルミガンは成分自体は多毛症という副作用にあたります。なおまつ毛美容液とまつ毛育毛剤は異なります。成分が緑内障のための薬でありますので健康な目に薬を点眼することになったり、この薬の副作用の時と同じような症状になる可能性があります。成分の副作用は眼のかゆみや充血、虹彩部分の色素沈着、角膜障害があげられます。このためまちがって目に入った時にはすぐふくことや使用を中止したり日数を置くことになります。あまりに症状が気になる時には眼科での診断が必要になります。緑内障の薬としては喘息持ちや眼内炎などは使用できませんので、その条件で目に入るとより薬の副作用の可能性の医師への相談が要求されます。ルミガンをまつ毛に塗る時には適量と清潔状態が求められるので、そのあたりの注意が必要になっています。もともとまつ毛育毛剤としても緑内障としても必要部分以外に付着されることや雑菌防止などにより気をつける必要性があるものです。有効期限や使用方法を正しく守ることが前提になります。しかし、ルミガンはまつ毛育毛の効果は眼に見えて比較的早く認められることが多く、まつ毛の密度が増していきます。