ルミガンの塗り方のコツ

 

 

まつげ美容液という化粧品が、ここ数年で日本でも急速に需要を伸ばしているそうですね。特に有名なものとしては、ルミガンが挙げられるみたいです。
なんでも、これが世界で初めて販売されたまつげ美容液なのだとかで。元々は緑内障の点眼薬だったんですから、驚きですよね(副作用でまつげが伸びるという症状が相次いだため、
こうしてまつげ美容液として販売されるようになったそうです)。
しかし、塗る所がまつげの生え際、と結構難しいんですよね。専用のアプリケーター(細い筆のようなものです)を使っても、すぐ目に入ったり、目尻から頬に垂れ落ちたりしてしまうことが多いそうです。
多分、不器用な私ならもっと大変なことになって、ルミガンを無駄にしてしまうと思います。そこで、ルミガンの塗り方に関し、何かコツはないか調べてみました。
参考にしたホームページによると、とにかく量を最小限に留めることを、意識すべきとのことでした。
また、塗るべきタイミングは就寝の直前で、寝ている内にルミガンはまつげを介して移動するため、塗るのは上まつげだけで良いそうです。
こうすることで、目に入ったり目尻の方に垂れてしまったりするのを防ぐことができるんですね。私も自分で買った際は試してみたいです。