ルミガンのまつげ育毛効果

 

ルミガンは、まつげが黒く太くなったり、いままで生えていなかったところから生えてくると言われている話題の点眼薬です。もともとは緑内障の治療薬のため目にさすものですが、副作用としてまつげが伸びたり太くなったという声が相次ぎ、使用上の注意としてまつげの育毛効果があると記載されているほどです。まつげを増やす場合には点眼薬として使ってはいけません。副作用として充血したりびらんが起こったりする可能性があります。また、多くつけすぎたまま放っておくとその部分が黒くなることもあるため、つけすぎも厳禁です。
ルミガンを塗る場所は、まつげの根本です。まつげに付けるのではなく、根元にしっかりとルミガンが届くようにしましょう。その際に便利なのが綿棒や、100円均一などで売っているアイシャドウ用のブラシやチップです。目というデリケートな部分に近い場所に使うものなので、使い捨てや汚れたらすぐに使い捨てができるものですし、適量をまつげの根元に塗ることができるものが便利です。また洗顔などで清潔にした肌に付ける方が効果が高いと言われているため、夜の洗顔後、スキンケアの一番最後に使うようにすることで効果が出やすいと言われています。