ルミガン


個人輸入代行を利用してルミガンを購入する

どこで購入するにしろ、病院やクリニックでは高上りになってしまうので、最近では個人輸入代行業者を利用してルミガンを個人的に購入する人が増えました。

 

魅力は何といってもコストパフォーマンスの良さです。ネット通販を利用すれば、店舗にもよりますがルミガンを一本あたり2,000円以下で購入することも可能。

 

ただし、本来が緑内障治療用の医薬品ですので、乱用には注意すること、異常を感じたら使用を中止すること、副作用がある危険性を知っておき、自己判断で使用するというリスクをよく考えて使用することが重要です。

まつ毛美容液として人気のルミガン、本来は緑内障の治療薬

ルミガンは、緑内障の治療薬として使われる点眼薬です。本来は緑内障治療のための点眼薬なのですが、副効用としてまつ毛の成長が見られたことから、まつ毛用の育毛剤として利用できると知られるようになりました。

 

有効成分であるビマトプロストがまつ毛の成長サイクルを長く保ち、まつ毛を長く成長させる効果があるという点に注目、ルミガンを開発したアメリカのアラガン社がまつ毛美容液として「ラティース」を開発しました。

 

ラティースは、内容は同じですが点眼薬ではなくまつ毛美容液として作られた製品であり、まつ毛に成分を塗り込むためのブラシが付く上、ブランドとしての価値があるのか、価格が一本1万円以上もする高価なケア製品となっています。

 

それに引き換えルミガンは病院で処方を受けたとしても一本5,000円前後であることが多いようです。かかる病院によって値段は変わりますし、保険が適用される場合と適用されない場合でも価格は大きく異なりますが、薬価としてラティースよりルミガンの方が安いことは間違いありません。

病院でルミガンを購入する際はよく確認を

ラティースは誰でも気安く購入できるものではないため、ラミガンを安く購入し、ブラシは別に用意するなどして工夫している方も多いようです。美容クリニックによってはブラシをセットで売ってくれるところもあるようですが、ラティースのように使い捨て用のブラシが数十本セットされているということは稀でしょう。

 

ルミガンはどこで購入するのかというと、直接購入するのであれば美容クリニック、皮膚科、眼科などで処方を受けることができます。しかし、眼科で処方を受けるとなるとルミガンはあくまで緑内障治療用の医薬品ですから、必ずしも美容目的のためにお薬を出してもらえる訳ではありません。美容目的でルミガンを使用したいのであれば、美容クリニックなどに行く方が良いでしょう。

 

美容クリニックにかかる場合、ルミガンを処方してくれるところは見つかるでしょうが、コストの面では注意が必要です。自己負担でお薬を購入することになりますから、あらかじめかかる費用を確認、もしくは費用を明言しているクリニックにかかることをおすすめします。

ルミガン1

ルミガンの詳細はこちら

いろいろあるまつ毛美容液の扱い

日本では、ルミガンは緑内障の治療薬として厚生労働省が認可。つまり美容目的では保険適用されないが、緑内障の治療薬としてなら保険適用されます。ラティースは、アメリカではまつ毛貧毛症用の医薬品としてFDA(米国医薬品局)が認可。日本では病院でも美容クリニックでも保険適用にはなりません。

 

2014年からは、グラッシュビスタというまつ毛美容液が睫毛貧毛症の医薬品として製造販売を認可されました。ところが保険適用外医薬品のため価格は高価。一本2万円前後するようですが、内容量が5mlなため、1ml辺りの価格で言えばラティースと大差ありません。

 

保険適用されないとなると何が違うのかと言うと、グラッシュビスタは睫毛貧毛症の医薬品として製造販売を認可されているので、医薬品副作用被害救済制度という公的な制度により、グラッシュビスタによる副作用などの健康被害に対する救済給付を受けることができます。

 

それぞれの特性を比べると、それぞれ一長一短のようですが、効き目はいずれも同じか、グラッシュビスタが若干優秀なようです。お値段、効き目、安全性を比べてみると、ルミガンは価格が魅力的、グラッシュビスタは副作用が出た場合にもっとも安心。こうして見ると、ラティースを利用するメリットはあまりないように思います。

ルミガンの副作用は?たくさん塗った方が良い?

有効成分であるビマトプロストの副作用としてもっともよく知られているのは、色素沈着。皮膚にお薬がついた部分が黒ずんでしまうということはあるようですが、使用を中止すればじきに収まります。

 

副作用ですから、中には予想しなかった症状が出る方もいるかもしれません。充血や目に刺激を感じるケースもあるようです。多くつければ早くまつ毛が成長するとか、余計に太くなるということはありませんから、まずは安全に気を遣って使用することが大事です。

 

毎晩一回、まつ毛の際に軽く塗り、はみ出て皮膚についた分は優しくふき取って使用します。

ルミガンで目ヂカラをアップ

女性というのはメイクにおいては目にかなりの時間を使っています。この目のメイクに時間をかけることによって、まつ毛はどんどんボロボロになっていきます。

 

ボロボロになればさらに目ヂカラは弱くなってしまいますよね。そこで、まつ毛のダメージを一度修復してから、がっつり伸ばしてみてはどうでしょうか。まつ毛を太く、そして濃くしていってみましょう。

 

マスカラというのは、メイクをする女性にとっては決して欠かすことができないものなのです。ただし、マスカラ、ビューラーを使用して目ヂカラをアップさせれば再びダメージを与えてしまいます。

 

しかし、まつ毛がある程度太くなってきれば、使用するマスカラ、ビューラーの種類も少なくて済むはずです。まつ毛美容液であったり、育毛剤を使用してまつ毛を伸ばすというのはかなりおすすめです。就寝前に塗るだけで済むので極めてお手軽ですよ。

 

新しい髪の毛が生まれ変わっていく期間を比較するとまつ毛の生まれ変わりのサイクルというのはかなり短いです。このサイクルが3ヶ月とされています。3ヶ月程度なのであれば、毎日使用するというのも良いですよね。

 

ルミガンのようなまつ毛美容液というのはいくつか種類がありますので、是非試してみてはどうでしょうか。

ルミガン2